神社と寺院 その違い(一)

 

 日本人である我々にとって「神社」や「寺院」は、人生の節目はもちろん日常から深い絆で結ばれてきた精神の拠りどころだ。しかし、「神社」と「寺院」がそれぞれ違うものだと知ってはいるが、どう違うのかまできちんと分かっているかというと、少し心もとない人も多いだろう。
 そこで、両者の違いをここで知っておこう。
 神社と寺院それぞれの違いは、その成り立ちを考えれば分かってくる。
 古来、日本人は山や草木、巨石といった万物に魂が宿ると信じ、「八百万の神」と言われるほど多くの神々を崇拝してきた。そして、それらの神々が宿る神聖な場所に祭壇を設け、小屋が建てられ、社殿、本殿へと発展していったのが今の神社だ。
 一方、寺院はブッダを開祖とし、五三八年に日本に伝来した仏教の教えに基づき建てられたものだ。仏法に従えば国を護り鎮めることができるという考えのもと、国家鎮護の祈願場として整備が進められていった。

鏡



御神体の剣

御神体の剣

 それぞれの成り立ちの違いからも分かるように、それぞれの「崇拝対象」も異なる。森羅万象の神々を祀る神社は、山や森など自然物に宿る神々を崇拝する。しかし、神とは霊的なものであり実体ではない。実際には「御神体」という、神の御霊を宿す依り代を拝むことになる。御神体には剣や鏡、玉などの物や、山や森などがある。そして、物の多くは本殿に祀られており、直接見ることはできない。

神社での参拝
基本は「二礼、二拍手、一礼」
 

 一方の寺院で礼拝する対象となるのが「仏像」だ。当初は開祖である釈迦像のみが存在したが、仏教が発展するにつれ如来や菩薩、明王など多様な像が生まれた。各宗派が信仰する仏像のうち、最も大事なものは「御本尊」と呼ばれる。
 それぞれ異なる成り立ち、崇拝対象を持つ神社と寺院ゆえに、聖典も異なる。開祖のいない民族宗教である神道には、明確な教義を謳う聖典がない。が、『古事記』『日本書紀』『風土記』などに収められている神話から、神々の系譜や物事の起源を追うことができる。
 『古事記』にはイザナギとイザナミが日本の国土や火、水などの自然物の神々を生む「国生み・神生み」の神話や、スサノオのヤマタノオロチ退治、稲葉の白兎など、我々にも馴染みのある話が収められている。

御本尊の仏像

御本尊の仏像

 一方、寺院で崇拝される仏教の聖典は、総称で大蔵経と呼ばれる。中国ではブッダの説法をまとめた『経』、僧侶や教団が守るべき規則『律』、教義・教理上で重要な綱目の解説書『論』の三蔵にいくつかの文献を加えたものを大蔵経と呼んだ。
 この大蔵経は、仏教が広まった各国で編纂されたのだが、日本でも漢訳の大蔵経に基づいて編纂がされた。その最大のものは大正時代に作られた『大正新脩大蔵経』で、三千種類の経典を収録、巻数は一万冊を軽く越える。

義任山 吉祥寺

神社と寺院で建築様式に違い
 

 神社と寺院で「何をしていただくか」ということを考えたとき、それぞれで異なる部分がある。
 神社でしてもらうことは、主に「お祓い」や「祈祷」。家内安全や商売繁盛、七五三詣、厄除祈願など何か特別な願い事がある場合に、祈りのプロである神職の手を借りて神様に伝えてもらう神事、それが祈祷だ。

高床式の神殿

高床式の神殿

 おおよその流れとしては、神職による祝詞の奏上、願いを込めて榊の枝を供える「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」を経てお札の授与、ご神酒頂戴という感じになる。ちなみに、祈祷の初めに心身を清める儀式を「修祓(しゅばつ)」と言い、この時に神職が使う白木の棒に紙垂(しで)を付けた大麻(おおぬさ)を振る。
 寺院でも家内安全や商売繁盛、厄除けなどの祈祷はしてもらえる。その時に欠かせないのが「読経」だ。そして、その読経に付き物なのが木魚。木魚は本来、僧侶たちに時間を知らせるために使われていた。かつて禅寺で魚の形をした木板を打ち鳴らして合図を出していたことからその名がついたとされている。
 「建築」も神社と寺院では異なる。神社と寺院を見分ける際、真っ先に見たいのが屋根の瓦だ。瓦屋根は大陸から伝わった寺院建築の象徴とも言えるもの。独自性を重んじた神社では、基本的に使われなかった。
 神社の本殿建築は、弥生時代の稲倉がルーツ。高床式で、藁葺きや桧皮葺きの屋根を持つ。これには、生活を支える稲を神聖なものとして祀り、それが神殿に発展したという経緯がある。代表的な建築形式としては、伊勢神宮に代表される「神明造」、出雲大社の「大社造」、住吉大社の「住吉造」など。片流れの屋根を持つ「流れ造」と、庇を備えた「春日造」は、一般的に多い形式として知られている。

 

 一方の寺院建築の特徴は、土を盛った壇に立ち、太い柱で瓦屋根を支える構造や、複雑な装飾などだ。そのなかでも、湿度の高さや頻繁に起きる地震などの自然環境に対応するため、柱と梁が合わさる部分を強化するなど、日本化されたものは「和様」と呼ばれる。また、鎌倉時代には「大仏様」や「禅宗様」などの様式がもたらされ、これらが和様に混じったものは「新和様」と称されている。

複雑な装飾も備えた寺院建築

複雑な装飾も備えた寺院建築

 俗世間との境界に当たる入り口も異なる。神社の参道の始まりにあり、シンボルにもなっているのが「鳥居」だ。そこから先は神々が舞い降りる神域になる。
 寺院にあるのは「山門」で、「空・無相・無願」という悟りの境地「三解脱」に至るための門として「三門」と呼ばれることもある。

医王山 宝生院 安楽寺


このページの先頭へ