八雲神社

八雲神社

「八雲たつ 出雲八重垣 妻込めに 八重垣つくる その八重垣を」
この日本で最初の和歌を作ったとも言われています素戔嗚尊(すさのおのみこと)さまが主祭神です。

由緒

 その昔、茂木町弾正に住む清平衛という若い百姓が、川の岸辺で肥桶を洗っていると、上流から何やら流れてきたものがありました。
 肥柄杓でたぐり寄せてみると、何とも神々しく、大切に拾い上げて川際にそびえる丘の上に祠を建てお祀りしました。すると不思議なことに流行りの疫病が治まり、農作物の害虫被害も少なく、その年は豊作に恵まれました。以来この祠を大切にお守りし、神社としてお祀りするようになりました。これが八雲神社の始まりとされています。

歴史

 八雲神社の創始は建久二年(一一九二年)とされています。由緒にある弾正の地は現在の八雲神社から南方約五〇〇メートルの古天王山の麓の地区で、そこには今も「古天王さん」と呼ばれる祠があり、八雲神社の初めての鎮座地です。その後、旧宇都宮街道の際である茂木駅西側の仮宿の地に遷され、寛政三年(一七九三年)に当時の茂木領主細川公の寄進により現在の地に本殿・拝殿・大鳥居が建立、遷座されました。明治期には八幡宮が、昭和十九年(一九四四年)には大光神社(祭神・大光霊神)がそれぞれ相殿の神として祀られました。

山車の巡行

山車の巡行

御詣と観光

 主祭神「素盞嗚尊」は厄除けと健康の大神様として知られています。節分祭や夏越祭(茅の輪くぐり)には、御祭神のご利益を求めて町内外から参拝者が訪れ、また神輿の渡御と勇壮な山車の巡行が行われる例大祭・祇園祭も、多くの観光客で賑わいます。尚武の神「大光霊神」として祀られる細川興元公は、当地方の江戸期領主です。兄である熊本細川藩の藩祖・忠興公や、忠興の妻・ガラシャとの縁を辿って歴史ファンも訪れます。境内には興元公縁の宝物や古文書を常設展示する参宝殿があり、抹茶やコーヒーをお召し上がりいただけるほか、近隣に数多く点在する社寺や和菓子店を巡る散策の拠点としてもご利用いただけます。

細川興元公縁の宝物

細川興元公縁の宝物

アクセス

■車でお越しの方■
常磐自動車道水戸ICから40分。
■電車でお越しの方■
真岡鐡道茂木駅下車。

〒321-3531 栃木県芳賀郡茂木町大字茂木1609
TEL:0285-63-0479  FAX:0285-63-0479
駐車場:常時7台 初詣時30台 無料


このページの先頭へ