薬師寺郷 鎮守八幡宮

薬師寺郷 鎮守八幡宮

奉祝 初詣、初参りは厄除けの鎮守八幡宮へ

由緒

 貞観十七年(八七五年)清和天皇の御勅定により東北守護の大神として石清水八幡宮の御分霊を勧請、創建されました。(神社伝承)一説には奈良時代天平勝宝元年(七四九年)、下野薬師寺(日本三戒壇)の守護神・仏法の鎮守神として鎮座したとも考えられています。清和源氏の氏神様・仏法の守護神とも称され、勝ち運・災難除けの願掛けが多く見られます。

歴史

 鎮座の後、幾度かの隆盛と衰退を経て、國ごとに安国寺を設置しようという足利尊氏の意向を受け、暦応鎮二年(一三三九年)、下野薬師寺はその存続の代償として寺名を安国寺とかえることになりました。
 しかし、表向きはなくなったはずの下野薬師寺の寺号は、その堂宇や寺地が往年の規模を失った後も、その由緒と共に語り継がれたのです。

お盆について

 お盆というと仏教行事の観がありますが、仏教渡来以前から続く日本古来の先祖祭りの行事で、幽世から帰ってくるご先祖様を丁重にお祀り申しあげ日々の加護と子孫の繁栄をお祈りする大切な祭事です。

神道の盆祭壇

神道の盆祭壇

建築に伴う祭典

 住宅や建造物を計画し築くうえで、おろそかにしてはいけない神事が色々あります。特に個人が住宅などを新築すると言うことは一生の内で何度もありません。 きちんと神事を行い家族全員が安心して住めるようにいたしましょう。

祭典の種類

◆地鎮祭(じちんさい)
◆上棟式(じょうとうしき)
◆竣功式(しゅんこうしき)
◆宅神祭(たくじんさい)
◆埋井祭(まいいさい)
◆その他

地鎮祭

地鎮祭

アクセス

■車でお越しの方■
国道4号線バイパス・道の駅しもつけの立体交差を降りて交差点を右折、県道笹原・二宮線エネオス薬師寺給油所信号北に入る
■電車でお越しの方■
宇都宮線(JR)自治医大駅下車 約4km

〒329-0431 栃木県下野市薬師寺1505
TEL:0285-48-0139  FAX:0285-48-1082
駐車場:常時10台 無料


このページの先頭へ