森友瀧尾神社

森友瀧尾神社

縁結び、子宝・安産の大注連縄

由緒

 七六七年「神護景雲称徳天皇」の御世、田心姫命(たごりひめのみこと)が日光に入興のみぎり、途中休息をされた所を、「腰掛の地」と言われています。(現在の森友森脇八七二番地辺)
 建長四年(一二四二年)「御深草天皇の御代」に腰掛の地に祠を建立し、田心姫命を御祭神に奉斎されたことが森友瀧尾神社の創と伝わっています。

歴史

 大正五年(一九一六年)に現在の境内地に遷座されるまで六七四年もの間腰掛の地に奉斎されて地域を守護したと伝わっています。
 同年十二月十四日の夜本殿遷座祭が斎行され翌十五日に奉祝大祭が行われました。爾来、毎年例大祭が神様の生まれ変わりの日である十二月十五日に斎行されて今日に至ります。

栃木県一大注連縄

 大注連縄の重さは三百キロ、最大周囲は一・七メートル、長さは四メートルで栃木県最大の注連縄です。
 巨大な二本の縄は父と母を表わし、三本の房は〆の子と言って三人の子どもを表わし、夫婦円満の五人家族を注連縄で表現しているのです。一組の夫婦に最低三人の子どもがいなければ、家庭の発展、地域の発展、国の発展が無いと言う事を教訓として表現しており、この事が「縁結び・子宝の大注連縄」といわれる所以です。

栃木県一の大注連縄

栃木県一の大注連縄

御田植祭

 注連縄を作る為の稲、「ミトラズ」を植える『日光おお杉御田植祭』を五月に斎行しています。神田で田植えをする「田男」「早乙女」を毎年公募し、当日は参加者や見学者で賑わいます。

御田植祭

御田植祭

アクセス

■車でお越しの方■
日光街道「上森友」交差点を北東へ約100m 大沢ICから8分
■電車でお越しの方■
JR日光線今市駅・東武日光線下今市駅からタクシーで5分

〒321-2335 栃木県日光市森友995
TEL:0288-22-5732  FAX:0288-22-5781
駐車場:常時10台 初詣時30台 無料


このページの先頭へ