延喜式内 大前神社

延喜式内 大前神社

ご祭神は福の神様のだいこく様と えびす様で、ご利益は、健康・安全・縁結び・厄除開運などです。

由緒

大前神社の由緒は、奈良時代の神護景雲年間に再建されたと言われ、延喜式内社下野十一社に選ばれています。文化財も数多く所蔵し、平成元年(一九八九年)には日本一大きなえびす様の像が建立されました。

歴史

 大前神社の長い歴史を紐解くと、武将平将門も戦の勝利を祈願し、太平記に見える坂東荒武者・紀清両党の芳賀氏が崇拝し、天正十六年(一五八八年)には、平家物語(大前神社本)を神前に奉納されました。
 そして、二宮尊徳翁も当社のみそぎ所に籠もり大前堰を改修し、茨城県にもおよぶ大事業を完成されましたことは有名です。

だいこく様とえびす様

だいこく様とえびす様

大前神社の縁結び

 当社の御祭神は、その大国主神様と息子さんにあたる事代主神様です。男女の縁はもちろん、商売にも、友人関係にも、我々が良い人生を歩むためには多くの良きご縁が必要です。
 恋愛のご縁を願う方は、本社から真うしろの大物主大国魂神社をお参りください。商売のご縁を願う方は、本社から恵比寿神社をお参りください。

良縁の絵馬

良縁の絵馬

神楽奉納

 大前神社の大々神楽は、三十六座の神々の舞で、「だいこくえびすの舞」 「天孤白孤の舞」などがあり、開運招福、天地平安、五穀豊穣、子孫繁栄などを祈り舞います。
江戸時代中期に伊勢神宮より伝承されたといわれています。
 祈年祭(三月二十八日)例大祭(十一月九・十日)新嘗祭(十一月二十七日)の三大祭に神楽殿で奉奏され、今でも大切に守られています。

神楽奉納

神楽奉納

アクセス

■車でお越しの方■
北関東自動車道「真岡IC」から約10分
■車でお越しの方■
真岡鐵道「北真岡駅」から徒歩13分、またはJR「宇都宮駅」から「真岡行」の東野バス「大前神社前」下車

〒321-4304 栃木県真岡市東郷937
TEL:0285-82-2509  FAX:0285-82-2283
駐車場:常時200台/初詣時:300台 無料


このページの先頭へ