天台宗住職インタビュー

寺院インタビュー
天台宗
月蔵寺住職 斉藤 宏明


今問題になっている事
住職 斉藤 宏明

住職 斉藤 宏明

 栃木県の教区内で、なぜか結婚できない方が多い、という問題が出ています。男性からすると「なかなかご縁がない」、女性からすると「婿に入ってくれる相手がなかなかいない」といった声が上がっています。跡取り問題はお寺だけでなく檀家さんにも大きな問題なので、いいご縁が欲しい所ですね。また、昔のようにはお寺へ人が集まらないといったことですかね。ぜひ若い人たちにもお寺に来てもらいたい。拝みに来るだけではなく、悩みがあればいつでも来てほしいんです。檀家さんや地域の子どもたち四十人くらいで青少年の集いとして、座禅・法話・レクリエーションなどを行い、お寺や仏様に親しんでもらうことも考えています。その子どもたちが成長し、多感な時期に悩みを相談にお寺へ来てくれる姿があると私たちは本当に嬉しい。

今後の取り組みとして

 今年の四月一日から一二〇〇年大遠忌にあたる平成三十三年三月末までの十年間、祖師先徳鑽仰大法会事業を執り行います。二十四年四月から二十七年三月末までは慈覚大師を二十七年四月から三十三年三月末までは伝教大師を盛大に取り上げていきます。本山の根本中堂の修復も予定しており、天台宗一丸となっての大事業へと取り組んでいます。

アクセス
月蔵寺

月蔵寺

〒321-1425 栃木県日光市和泉239−1
TEL:0288-53-5228


このページの先頭へ