ご利益ガイド

安産祈願と子育て祈願

 日本では古くから、妊娠五カ月目に入った最初の戌の日に、妊婦が腹帯を巻いて安産祈願のお参りをする風習がある。
 「戌の日」とは、十二支の十一番目にあたり、十二日に一度めぐってくる日。たくさんの子を産み、お産も軽い犬は、昔から安産の守り神として人々に愛されてきた。それにあやかり、十二日に一度訪れる戌の日に、妊婦と赤ちゃんの無事を願って安産祈願を行うようになったと言われている。腹帯を巻いてお参りする「帯祝い」は妊娠五カ月目の最初の戌の日に行うが、時代や地域、風習や習慣によって違いがあるようだ。

 安産祈願のお参りはいつ行っても構わないものだが、「帯祝い」に合わせて、妊娠五カ月目の最初の戌の日に安産祈願に行くのがよいとされている。もっとも、戌の日に限らず、安産祈願の神社や寺院では毎日ご祈祷を受け付けているところもあるので、自分の都合に合わせて祈願に訪れてみてはいかがだろう。

 安産祈願の際の服装は、基本的に普段着で問題ない。また、妊婦一人、夫婦、両親、はては友達となど、一緒に行く人も基本的には制限はない。

 事情があって妊婦本人がお参りに行けない場合は、両親や兄弟など代理を受け付けている神社や寺院もある。その場合は、妊婦の出産予定日、夫婦の名前、住所、生年月日などの控えを持参する。また、郵送で祈祷の申し込みを受け付けているところもあるので、事前に確認をしておき、いざという時には活用してみるのもいいだろう。

 また安産祈願後も、無事に出産したことを感謝する「お礼参り」や生誕一カ月を感謝する「初宮参り」、子どもの成長を感謝し、これからの成長をお祈りする「七五三」など、さまざまなお参りがある。
 我が子、我が孫が元気に、すくすくと育ってくれるよう、これらのお参りはきちんと行っておきたいものだ。

厄除け

 人々は、古くから自分の身の回りで起こるあらゆる悪事に対しての不安を、神様や仏様の力にすがることで取り除いてきた。その中で、現代でも広く一般にまで浸透しているのが「厄除け」ではないだろうか。ここでは、そんな「厄除け」について詳しく見ていくことにしよう。
 平安時代には既に存在していたとされる厄年という考え方。その年齢になると厄災が数多く降りかかるとされるもので、科学的な根拠も不確かであり、かつ起源もあいまいだが、根強く信じられている風習だ。

 一般的に、男性と女性で厄年が異なるということはご存じの方も多いだろう。ここで、改めてそれぞれの厄年をおさらいしてみたいと思う。

●男性
前厄 24歳、41歳、60歳
本厄 25歳、42歳、61歳
後厄 26歳、43歳、62歳

●女性
前厄 18歳、32歳、36歳
本厄 19歳、33歳、37歳
後厄 20歳、34歳、38歳

 この中でも特に、男性の42歳、女性の33歳は大厄と呼ばれ、凶事や災難に遭う率が非常に高いので十分な警戒を要するとされている。

 なお、それぞれの年齢は数え年。数え年は、元日から誕生日前日の正午までは「満年齢+2」、それ以降は「満年齢+1」で計算するので注意が必要だ。
 これらの時期に降りかかる厄災を、神仏の加護を受けて未然に防ごうとする行為が「厄除け」「厄祓い」と呼ばれている。

 厄年における厄祓いの時期は、地域によって異なることがあるが、①年の節目である新年正月元旦に行う(一番祈祷)②年の節目を旧正月と考え、厄年の区切りも旧正月からとして節分に行う(厄祓い節分祭など)③年始から節分までに行う、といったケースが多く見られる。


このページの先頭へ