開運招福

賀茂別雷神社

賀茂別雷神社

多田の地で、未来へ向けて新しい百年の時をつむぐ。

由緒

 賀茂別雷神社の御祭神、「賀茂別雷の神」は、京都の上賀茂の地に「ちはやぶるわけつち山に宮居して、天下ること神代よりさき」と読まれ、遠い昔より、山の神、農業の神として奉られて、落雷除け、嵐除け、五穀成就、天下泰平の神として崇敬されてきました。

歴史

 天智八年(六六九年)、「雷の神を祀れば、此の土地は富貴安静ならむ」との神宣により、菊沢山の中腹に社殿を建て、大神を奉り祭事を行ってきました。
 その広大なる御神徳により正徳五年(一七一五年)、宗源宣旨により正一位の神階を賜りました。
 現在の本殿は宝暦十一年(一七六一年)の建築で、堂の彫刻は上州館林の住人斉藤甚平、甚八、両人の作で、竹林の七賢人、菊の花、竜など、めでたい物がたくさん彫られています。

上賀茂神社

 京都にある上賀茂神社の正式な名称は賀茂別雷神社といい、賀茂別雷神社の本社にあたります。雷(いかづち)の御神威により、厄を祓いあらゆる災難を除き給う厄除(やくよけ)明神・落雷除け・電気産業の守護神として広く信仰されています。
 また、桓武天皇の御代に都が京都に遷されて以来、皇城鎮護の神、鬼門の守り神、総地主の神として崇められ、方除祈願が多く行われています。

上賀茂神社

上賀茂神社

参拝の皆様へ

 賀茂別雷神社の境内末社である産泰神社は産泰さまと呼ばれ、古くより安産、子育ての大神様として、また御婦人の守護神として古い昔から信仰厚く、おもに北関東を中心に信仰を集めてまいりました。妊婦多数の念願により、文化十二年(一八一五年)に社殿を建て、木花咲耶姫命など十二柱の大神を奉斎しました。

産泰神社

産泰神社

アクセス

■車でお越しの方■
北関東自動車道、佐野田沼インターから車で約5分
■電車でお越しの方■
東武佐野線 多田駅から徒歩約8分

〒327-0311 栃木県佐野市多田町1506
TEL:0283-62-0641  FAX:0283-62-8255
駐車場:常時60台 初詣時80台 無料

日光山輪王寺

日光山輪王寺

日光市にある天台宗寺院。創建は奈良時代にさかのぼり、近世には徳川家の庇護を受けて繁栄を極めた。

由緒

 明治の頃から日光は輪王寺・東照宮・二荒山神社の三カ所が参詣所とされ、それぞれの境内は、いつも賑わっています。しかし、それ以前は「日光山」としてひとつに包括された関東の一大霊山だったのです。奈良時代の末、勝道上人によって日光山は開かれました。四本龍寺が建てられ、日光(二荒)権現もまつられました。

歴史

 輪王寺の本堂は日光山随一、東日本では最も大きな木造の建物で、平安時代に創建された、全国でも数少ない天台密教形式のお堂です。現在の建物は、正保二(一六四五年)、徳川三代将軍「家光」公によって建て替えられました。三仏堂の内陣には、日光三社権現本地仏という三体の大仏さま、東照三社権現本地仏という掛仏の、二組の三尊仏がご本尊として祀られています。

輪王寺 宝物殿
 

 一二四〇年を越える日光山の歴史を物語る歴史的・美術的価値の高い資料を保存・研究し、ご参拝の皆様へ公開することを目的として建設されました。
 収蔵庫には、国宝一件・五九点、重要文化財五一件・一六一八点、重要美術品四件・七点を含め、日光山一二四〇年余りの歴史を物語る約三万点の什宝を収蔵、常時五〇点ほどを拝観室に展示しております。

宝物殿に隣接する逍遥園

宝物殿に隣接する逍遥園

参拝の皆様へ
 

 大猷院の仁王門をすぎ、雨で七色に変化する石畳のさきにある御水舎。四隅を十二本の御影石の柱で支えられ、透かし彫りの金具で装飾された優雅な姿で参拝者を迎えてくれます。

御水舎

御水舎

アクセス

〒321-1494  栃木県日光市山内2300
TEL:0288-54-0531  FAX:0288-54-0534
駐車場:常時100台 有料(500円/1日)

下野星宮神社

下野星宮神社

古山の嵐除け「風祭り」旧参道に かかしが立ち並ぶ

由緒

 下野星宮神社は、第五十一代平城天皇の御代、大同二年(八〇七年)四月十日、藤原鎌足公十代の後裔にて飛鳥井刑部卿、地方の開拓司として当地に居住し、その所を児山の郷の乾の方にして宮内と称し、磐裂神、根裂神を祀り地方の鎮守としたと伝えられております。

歴史

 一説に堀川天皇の康和元年飛鳥井刑部院旨の命により此の地に社を祀るとありますが定かではありません。その後、後二条天皇の御代乾元元年(一三〇二年)に児山三郎左ェ門がこの地に城を築き、開運・武運の守護神として香取神社より経津主神を祀られ、崇高なる神社として今日にいたっております。

蛇の形の注連縄

蛇の形の注連縄

テレビ朝日ナニコレ
珍百景認定日本一の願かけ行灯大鳥居

 年の瀬になりますと氏子有志の人達が大きな依代を作り、来る年がより一層幸福であります様にと願いを込め、神様をお祀りし人々に福を授ける「上福祭」が行われると共に、「願かけ行灯大鳥居」が、神社西参道に御目見得し、正月の装いが整います。正月は、暗闇に行灯大鳥居の明かりが映え、多くの人々が今年一年のお願い事を大鳥居に書き込み、新たな誓いを立てる姿で始まります。元旦十時新春特別太々神楽が奉納され、餅や福銭が撒かれます。

願かけ行灯大鳥居

願かけ行灯大鳥居

参拝の皆様へ

 「とちぎのふるさと田園風景百選」に認定されたかかしのある風景は、八月中旬から九月中旬頃まで見学することが出来ます。
 八月下旬に嵐除けの「風祭り」と共に「かかし祭り」が開催されます。また「千度万度参り」の神事が大勢の子供たちにより行われます。

かかし祭り

かかし祭り

アクセス

■車でお越しの方■
北関東自動車道、壬生インターから東に車で約5分
■電車でお越しの方■
JR宇都宮線 JR石橋駅から北西に車で約5分
東武宇都宮線 東武おもちゃのまち駅から東に車で約5分

〒329-0502 栃木県下野市下古山1530
TEL:0285-53-1706  FAX:0285-52-2773
駐車場:常時30台 初詣時30台 無料

古峯神社

古峯神社

開運・火防 天狗の社

由緒

 今を去る一三〇〇余年の昔、隼人というお方が京都からこの地に移り、尊(御祭神・日本武尊)の御威徳を慕いつつ、京都よりこの古峯ヶ原の淨地に遷座(創祀)申しあげたのが始まりといわれております。

歴史

 日光を開かれた勝道上人は古峯の大神の御神威によって、古峯ヶ原深山巴の宿において、三ヶ年の修行の後、天応二年(七八二)日光の男体山に初めて登頂し、大日光開山の偉業を成しとげられました。
 古峯神社は全国稀にみる霊地として、火伏信仰、天狗信仰などに代表する諸人の敬虔な信仰を集め、久しきにわたってその御神威を保って参りました。

日本武尊

日本武尊

天狗信仰

 当社は別名「天狗の社」とも呼ばれ、神社内参籠室や廊下には所せましと天狗の面、或いは、扁額・威儀物(火ばし、下駄、わらじ、天狗人形)が掲げられております。
 これは熱心な崇敬者から心願成就の暁に奉納されたものばかりです。
 天狗はご祭神のお使いとして、崇敬者に災難が起こった時、直ちに飛翔して災難を取り除いてくれる、(災厄消除・開運)偉大なる威力の持主として広く根深い民間信仰を集めております。
 顔が赤く鼻の長い天狗を「大天狗」、黒いくちばしのある天狗を「烏天狗」と申します。

天狗信仰

天狗信仰

アクセス

■車でお越しの方■
東北自動車道鹿沼I.Cから45分
■バス・電車でお越しの方■
リーバス「古峰原線」
東武日光線新鹿沼駅から55分
JR日光線鹿沼駅から65分「古峰原神社」下車徒歩1分

〒322-0101 栃木県鹿沼市草久3027
TEL:0289-74-2111  FAX:0289-74-2539
駐車場:常時200台 初詣時200台 無料

このページの先頭へ