学業成就

宇都宮二荒山神社

国幣中社に列格した由緒ある神社で、「二荒さん」の愛称で親しまれている。無垢のケヤキの大鳥居が圧巻

由緒

宇都宮二荒山神社は大変歴史が古く、第十代崇神天皇の御代にさかのぼることができる神社です。栃木県内の名神大社は二荒山神社のみで代々当主が社務職を兼ね「宇都宮大明神」と称し、郷土の祖神・総氏神さまとして篤い信仰を受け下野國一之宮といわれておりました。

歴史

現在残っている社記には、第十六代仁徳天皇の御代(今から約一六〇〇年前)に毛野國が二国に別けられ、御祭神豊城入彦命の四世孫奈良別王が下毛野國の国造に任ぜられます。この時祖神である豊城入彦命を荒尾崎(下之宮)に祭神として祀ったのが始まりで、その後承和五年(八三八年)に現在の地臼ヶ峰に遷されたと伝えられています。延長五年(九二七年)に完成した延喜式・神名帳には東山道街道筋として下野國河内郡一座大二荒山神社名神大とあります。

御祭神と御神徳

御祭神の豊城入彦命、大物主命、事代主命は武徳にも優れ古くから武将の信仰が篤く藤原秀郷公(平将門の乱)源頼義・義家公(前九年・後三年の役)源頼朝公(源平の役)徳川家康公(関ヶ原の合戦)など各々が戦勝祈願し、神領・宝物の寄進や社殿改築をされています。
 火防(ひぶせ)信仰も古くから起り十二月十五日・一月十五日の冬・春渡祭(おたりや)には県内・近県からの信者で夜遅くまで賑わっています。

御神輿

 

参拝の皆様へ

宇都宮二荒山神社では、各種ご祈祷をいたしております。会社関係(仕事はじめ・事務所開き・商売繁盛など)、お家のこと(厄払い・初宮参り・七五三他)等のご祈祷は随時申し受けております。
 詳しくは社務所へお尋ねください。

ケヤキの大鳥居

アクセス
■車でお越しの方■
東北自動車道宇都宮ICより約20分

■電車でお越しの方■
JR宇都宮駅から市内バス5分馬場町二荒山神社前下車
東武宇都宮駅から徒歩10分

〒320-0026  栃木県宇都宮市馬場通り1-1-1
TEL:028-622-5271  FAX:028-624-3204
駐車場:常時:400台

日光二荒山神社

日光二荒山神社

栃木県日光市にある神社。式内社(名神大社)、下野国一宮。社格は国幣中社。

由緒

 日光二荒山神社は、一二〇〇年以前から男体山を御神体山として祀られた神社で、ご祭神は二荒山大神と称し、親子三神で、主祭神の大己貴命・妃神の田心姫命・御子神の味耜高彦根命が祀られております。日光市内三ヶ所、男体山山頂に奥宮、中禅寺湖畔に中宮祠、市内には本社が鎮座します。境内は、華厳の滝、いろは坂、日光連山が含まれ日光国立公園の中枢をなし、伊勢の神宮に次ぐ広大な神域を有します。

歴史

 下野国の僧勝道上人が大谷川北岸に天平神護二年(七六六年)に紫雲立寺を建て、天平神護三年(七六七年)、二荒山(男体山)の神を祭る祠を建てたのが日光二荒山神社の始まりと伝えられております。この祠は現在の別宮となっている本宮神社で、登頂を志して多くの失敗を重ねたあと、延暦元年(七八二年)には二荒山の登頂に成功し、そこに奥宮を建て、二荒修験の基礎を築きました。

滝尾高徳水神社

 二荒山神社の別宮である滝尾神社の入り口に鎮座。
 県下におけるダムはその数三十有余に及び、水神様を祀り、その広大無辺の御神徳を称え、昭和五十四年(一九七九年)に横川栃木県知事が藤原町高徳の鬼怒川沿いに造営しました。その後、道路拡幅の為に平成十年(一九九八年)に、この滝尾の地に遷座されました。毎年十月十日に例祭が執行されております。

滝尾高徳水神社

滝尾高徳水神社

男体山登拝大祭

 日本百名山の一つ、関東第一の霊峰 『男体山』で、
古くは『二荒山(ふたらさん)』と呼ばれる山です。日光連山八連峰の中心で、二荒山神社の御神体山です。毎年、七月三十一日~八月七日まで開催しています。

男体山のご来光

男体山のご来光

アクセス

〒321-1431  栃木県日光市山内2307
TEL:0288-54-0535  FAX:0288-54-0537
駐車場:常時50台/初詣時50台 有料(500円/1日)

このページの先頭へ