縁結び

今宮神社

今宮神社

厄除け・方位除け・恋成就のご祈願を受付ております。

由緒

 今宮神社は後冷泉天皇の御代康平三年(一〇六〇年)に、勝山城主氏家公頼公の肝煎りによって創建された神社です。始祖である宇都宮宗円が、かつて戦勝祈願 をした勝山の地に城を築いた後、「素戔鳴尊」を主祭神とし、己が産土神たる「豊城入彦命」を合わせ祀り、万民の幸福たらん事を願って神社が創建されました。
 そして、正安二年(一三〇〇年)に勝山城主・氏家公宗氏によって氏家二十四郷総鎮守として現在の地に移されたものです。
 近年では平成二年~五年に、平成の御大典記念事業を、平成十二年に遷宮七百年記念事業を、平成二十二年に創建九五〇年記念事業を盛大に実施いたしました。

本殿

本殿

歴史

 第九十三代後伏見天皇の正安二年(一三〇〇年)に、城主氏家公宗氏の崇敬により社殿を改築し、塩谷郡の北は三依、塩原より南は高根沢に至る二十四郷に毎年交営繕せしめしました。明治五年(一八七二年)には郷社に列せられ同三十九年(一九〇六年)、神饌弊帛料供進社として指定されました。
 昭和三年(一九二八年)に御大礼記念で拝殿を改築。本殿及び社務所等位置を変更移転し、神門の屋根萱葺を銅葺に改修しました。

大公孫樹

 境内の大イチョウは樹齢七〇〇年の古木で、栃木県銘木百選の指定になっており、秋には見事な黄葉で訪れる参拝者の目を楽しませてくれます。

大公孫樹

参拝の皆様へ

 今宮神社では厄除け・方位除け・交通安全・初宮参り・合格祈願他願い事に合わせたご祈願を受け付けております。

ご祈願

ご祈願

アクセス

■車でお越しの方■
東北自動車道宇都宮ICより30分
■電車でお越しの方■
JR宇都宮線氏家駅より徒歩10分

〒329-1321 栃木県さくら市馬場43
TEL:028-682-2685  FAX:028-682-2685
駐車場:常時25台 無料

延喜式内 大前神社

延喜式内 大前神社

ご祭神は福の神様のだいこく様と えびす様で、ご利益は、健康・安全・縁結び・厄除開運などです。

由緒

大前神社の由緒は、奈良時代の神護景雲年間に再建されたと言われ、延喜式内社下野十一社に選ばれています。文化財も数多く所蔵し、平成元年(一九八九年)には日本一大きなえびす様の像が建立されました。

歴史

 大前神社の長い歴史を紐解くと、武将平将門も戦の勝利を祈願し、太平記に見える坂東荒武者・紀清両党の芳賀氏が崇拝し、天正十六年(一五八八年)には、平家物語(大前神社本)を神前に奉納されました。
 そして、二宮尊徳翁も当社のみそぎ所に籠もり大前堰を改修し、茨城県にもおよぶ大事業を完成されましたことは有名です。

だいこく様とえびす様

だいこく様とえびす様

大前神社の縁結び

 当社の御祭神は、その大国主神様と息子さんにあたる事代主神様です。男女の縁はもちろん、商売にも、友人関係にも、我々が良い人生を歩むためには多くの良きご縁が必要です。
 恋愛のご縁を願う方は、本社から真うしろの大物主大国魂神社をお参りください。商売のご縁を願う方は、本社から恵比寿神社をお参りください。

良縁の絵馬

良縁の絵馬

神楽奉納

 大前神社の大々神楽は、三十六座の神々の舞で、「だいこくえびすの舞」 「天孤白孤の舞」などがあり、開運招福、天地平安、五穀豊穣、子孫繁栄などを祈り舞います。
江戸時代中期に伊勢神宮より伝承されたといわれています。
 祈年祭(三月二十八日)例大祭(十一月九・十日)新嘗祭(十一月二十七日)の三大祭に神楽殿で奉奏され、今でも大切に守られています。

神楽奉納

神楽奉納

アクセス

■車でお越しの方■
北関東自動車道「真岡IC」から約10分
■車でお越しの方■
真岡鐵道「北真岡駅」から徒歩13分、またはJR「宇都宮駅」から「真岡行」の東野バス「大前神社前」下車

〒321-4304 栃木県真岡市東郷937
TEL:0285-82-2509  FAX:0285-82-2283
駐車場:常時200台/初詣時:300台 無料

このページの先頭へ